LOVE JUICE

名前変換設定


体育倉庫(5)
クリばかりを、ゆっくりと攻める。舌で皮をはいで、軽く甘がみして、思いっきり吸う。

調教(10)
中の指をバラバラに動かしながら親指でクリトリスを潰すように刺激する。「だっめ…もっ…そんな擦ったら」「イクんだ?」

お風呂(4)
抱きかかえて、激しく出し入れする。ズンッズンッ…ズチュッズチュッ…「あん、あん、あんっっ…あぁ…も、だめぇ…」

エプロン(4)
「ああっ…あんんっ…そ…んな…かき混ぜたら…イッちゃうよぉ…」「クスッ…淫乱…」淫乱って言葉に反応して、愛液がドッと溢れて、俺の指を濡らす。

先生(7)
「触ってぇ…ちゃんと…焦らさないで…あんっ…」「クスッ…可愛いよ…もっと乱れさせてあげる」

水着(7)
奥を、何度も何度も突き回す。「あぁっ!!…もうイクッ…ぁぁぁっっっっ!!」

ご主人様(5)
「まっだっ…イったばっか…あぁっあっやんっ…」「気持ちいだろ?」俺は、奥をどんどん突く。

看病(6)
ピチャッピチャックチュリッ「あっあっあっ…ひゃん…」まんこを舐めながら、クリトリスを指で刺激する。

家庭教師(6)
「んぁっ…そんな…強くしたら…んんっ…はぁんっ…あっやっ…」「ヌルヌルしてる…マジきもちぃ…」「あぁっ…言わないで……あぁっはっん…もっ、きもちぃ…イクぅ―やっ、あぁぁぁっっ!!」

超絶ハードノベル
激エロ小説と体験談
蜜壺クリ責め小説Rank
トップページへ





today 586 yesterday 958
total 1008826

- noa -