アダルトグッズ 激安通販店 SALE!!

秘密の花園

(1/16)


とあるカトリック系の男子校の、白い清潔そうな寮の一室。消灯時間も過ぎて、もう日付も替わろうとしている時間。
小さな明かりを灯しただけの薄暗い一室に4人の生徒が集まって、低い声で何かを話している。その話声に交じって、ぴちゃぴちゃという水音、それにくぐもった鼻声が聞こえる。
「ふ、……ん、んん……」
3人が輪になって座っている中央に、全裸の男子が四つん這いになって体を緩く前後に揺らしている。
「いいぜ、和也……」
和也と呼ばれた全裸の少年の頭の方に座っている男子生徒が、自分の股間に密着している和也の頭をそっと撫でた。
和也がすっと身を引くと、彼の口元から堅く濡れそぼったぺ○スが現れた。和也は、この男子生徒の性器を口に含んで愛撫しているのだ。
その和也の背後にいる別の男子生徒が、薄く笑う。
「いい奴隷になったよな、和也」
そう言って、後ろから足の間に手を入れ、和也の2つの袋を揉む。
「ふ、むうんん」
ぴくんっと体を強張らせた和也の背中を、傍らで見ていたもう1人が優しく撫でた。
「そう、いい子にしてれば、お前のことも思いきり気持ちよくしてやるからな」
うっすらと開かれた和也の瞳は、うっすらと潤んでいた。


前のページ次のページ

戻る

トップページへ


today 91 yesterday 291
total 581358

- noa -