第一章

(1/10)


コンコン

キィ....



「たっちゃん、検診って?」


はとりの診察室に訪れたのは年端も行かない少女


はとりは柔らかく微笑んで室内に迎えた


「あたし自身が具合悪いなんてないのに...」


唇を尖らせる彼女を宥めながら診察した


「万が一ってこともある。」



納得いかない顔の少女は、おとなしくソレに従った


前のページ次のページ

戻る

トップページへ


today 39 yesterday 765
total 203047

- noa -