第二章

(1/8)


「ゆんちゃん、熱ない?」


優花たちが紫呉家に遊びに行った翌日、登校するなり由希に優花が駆け寄った


「………え…」


「えっ!?由希君たいじょうぶですか……っ|||」


優花の発言に透が青ざめた


「だ、大丈夫だよ
優花、ゴメン」

「気にしなくていいよ
無理はしちゃだめだからね」

ふたりの会話の意味はわからなかったが透は由希の様子にまったく気づかなかった自分が恥ずかしくなった


「本田さんもゴメンね」


由希は明るく振る舞った


そして昼休みだった


前のページ次のページ

戻る

トップページへ


today 755 yesterday 236
total 202998

- noa -