触手快楽地獄1(触手エロ小説)

名前変換設定


触手の刺激(5)
少女の部屋。半透明の触手で出来た生物が、少女の体に…胸に何本も絡みつき、卑猥な音をたてながら犯していた。

淫縛触手責め(14)
触手の側面にはイボ状の突起が凸凹と付いており、それがクリトリスの皮を捲り上げたり、秘所のひだひだを引っ張ったり。触手を愛液でぐしょぐしょに濡らしながら拒絶の言葉を上げる。

山奥の古い洋館(8)
退魔師の彼女。依頼人に頼まれ仕事に向かった。でもそこには巨大なイソギンチャクの様な魔物が棲んでいた。乳首責め、クリ責め、菊門責め。

ペット用触手(8)
インターネットで触手を購入した主人公。その触手の愛撫に悶絶する。

彼女は陰陽師(7)
暗がりで高校生と思われる一人の少女が触手に襲われていた。 「きゃあああっ!!!」 服を破かれブラチラしながら悲鳴を上げる。

淫獣触手(7)
触手が服の上から胸に絡みつく。 左右から接近した触手は、ふくらみにぐるりと巻きつき、 まるで大きさを計るようにクニクニと揉みしだいた。「あ、ああっ! いや、いやーーーっ!!」


トップページへ





today 124 yesterday 446
total 1355071

- noa -