ペット用触手

(1/8)


つい最近、たまたまネットサーフィンしてて見つけたサイト。
そこには私のスケベ心を擽る広告があった。

【触手売ります。限定10名様】

見た時は嘘だと思った。でも、その広告をクリックする。

パソコンの画面は切り替わり、その広告のホームページが開き詳しく内容が記載されていた。

当方の開発した触手です。人体実験済で保証有り。人に慣れ躾も簡単♪ ただし、月1で発情期有ります。言葉は理解します。

(注)食事は適度に与えて下さい。
ご不明な点はメール下さい。

ペット用触手 1匹
\15000-


……って、こんな感じ。
半信半疑で注文してしまった。

そして注文して3日後に私の手元にそれは届く。

中には注意書きのの用紙と、説明書があり後はガチャガチャのカプセルが一つ入っていた。

一通り読み終えて私は、お風呂場に行き湯船に湯を10センチ程入れてカプセルを開けて中身を湯船にゆっくりと入れる。

『さて、これでよしっ!一時間かぁ、その間に部屋の掃除でもするかな』

独り言のように呟いて部屋の掃除を始めた。
しばらく掃除をしていると携帯が鳴る。

『もしもし?どうしたの?』

『あ、由美?あのさ、今日の夕方なんだけど時間あるかなぁ』

私の頭は触手の事でいっぱいだった。

『ごめんねぇ、今日は予定あるんだぁ、どしたの? 何かあるの?』

『そっかぁ、コンパするからさっ、由美来ないかなと思って』

『そうなんだぁ、残念。また声掛けてよ。うん、うん、ホントごめんねぇ』

最後の方は半分演技しながら友人からの電話を終えた。

後、何分くらいかな?

そわそわと、はやる気持ちと戦いながら時計に目をやると、後20分を切ってきた。

ちょっと考えて、その間にシャワーを浴びることに。

ほんの少しの恐怖心もあったが、好奇心のが勝っていた為に早々と服を脱ぎ捨て風呂場に入っる。


前のページ次のページ

戻る





today 440 yesterday 659
total 1366466

- noa -