君の翼

(1/3)


愛しい君へ、

私だけを見てくれ、
私だけに微笑んでくれ、

私だけを


……

「藍染様。」
「…ああ、亜妃か……

どうしたんだい?」

「いえ特には。
ぼんやりとなさっていらっしゃったように見えたので…

差しでがましかったら、申し訳ありません。」

…不意に声を掛けられる。
君の心配そうな眼差しに、私は気にするなと首を軽く振ってみせた。

「大丈夫だよ、ありがとう。」
「それならば安心致しました。」

優しい微笑み。
しかしそれは、事務的な物。

私は知っている。


前のページ次のページ

戻る

トップページへ


本日:61 前日:245

- noa -