主従

(1/3ページ)


彼女は僕のもの。


それはずっと前から、ね。















「あっはぁんっ…!!」


「ははっそんなに声出しちゃってさっ…んっ、毎日やっててもこんなんじゃあね!」

僕は腰を突き上げながら、言葉で攻めた。


「ふああっ!!」

すると彼女は身体をびくつかせて、中をギュウッと締め付けた。

「えぇっ、もうイッちゃったの?これで十回目くらいじゃない?」



「っはぁ…そう゛じぃ…。」


彼女の目は少し虚だった。
でも、それが僕をまた興奮させる。


「僕がイくまで、だよ?」


「ぁ゛っ…ああぁ…」


彼女の声は出し過ぎて少し掠れている。
でもそれだけ、僕が彼女を乱れさせた、そう思えた。



彼女と僕は恋人関係と言うより主従関係。

僕が主で彼女が使用人ってかんじかな。


でも、愛していない訳じゃないけど、それよりも独占欲が勝っているだけだから。


「ああっ…!そぅじぃ…!」


「ん…そろそろイキそうだよ。」




僕がスピードを早めると、淫らな水音が鼓膜を揺すぶった。








「…っ」

「ああっ…!!」















その次の日、今日はちょこっと違うことをしてみよう。

僕はソファーに寝そべる由美に声をかけた。

「由美」

由美は、雑誌を読みながら返事だけした。

「何?総司。」




「しよ。」




一言そういえば、君は雑誌を閉じてこっちにむかってきた、


彼女は僕の言うことは絶対に聞く。



「いいよ。」


腕を首にまわす由美は僕を誘惑しているようだ。

僕は口の両端を吊り上げ、いった。



「じゃあさ、自慰して僕を誘ってごらんよ。」




僕がそういえば、いつもは、命令に対しわかった。とだけいってどんなこともやる由美だったが、自慰とは予想外だったようだ。

明らかに戸惑う由美はいつもの以上に可愛かった。

でも、僕はそれを虐めあげることが好きだから。




「早く。」


「でも…」

ためらう由美。

それならば、ね。


前のページ次のページ

戻る





today 74 yesterday 196
total 356549

- noa -