愛の形

(1/2ページ)


「あっ…はぁっん…ァッん…」





もう朱色に染まった空。
外には部活から帰る生徒達。




「あははっ、そんなに声、出すと誰かに見つかっちゃうよ?」






そんな頃。
ある部室から甘い声―…








剣道部の部室では、淫らな水音と甘い声が響いていた。



「ぅあっ、沖田さぁんっ////」


「可愛いね由美ちゃん。そんな声でなかれるとっ…んっ!僕、困っちゃうなぁ。」



沖田は腰を突き上げながら笑う。由美は沖田を受け入れるように沖田の首に手を回した。



「んっ!沖田さんっ…!///」


「ねぇ…由美ちゃん、僕の事、好き?」


「はいっ…//!!すきで、すっ…ぅ」


生理的な涙がこぼれ落ちる由美の頬を沖田は舐めあげた。


「て、いうか由美ちゃん。今自分で腰振ってるんだよ?わかってる?」


由美は下に目をやるとたしかに由美自ら腰をふっていた。


「いやぁ//ぁ」


恥ずかしそうに顔を手で覆う由美に沖田はクスリと笑った。


「しょうがないか。淫乱な由美ちゃんだし…ね?」



沖田は根元まで由美の中に押し入れた。


「っああ!!!!」


「いい顔してるよ??由美…っ!!!」

そしてスピードもあげる。



「ァっ、ああっ!そう、じっ!!!!」

絶頂をむかえようとする由美に沖田は冷静な声で言う。

「駄目だよ。まだ我慢して。」


「もぅ…駄目なのぅっ……ぁあ…そうじっ!」










夕暮れにそまる茶色の髪。
一人の青年が10分前に通った道を戻っていた。




「やべ―!!袴忘れた!!!」



青年は急いで学校に戻り、部室の扉に手をかけようとしたところ…。





「なに、やってんだよ…」


中からきこえるのは由美の甘い声。
まるで色事をしているような…。

平助はそっと扉を開けると、そこには、由美と沖田が身体を重ねていた。



「…っ、何…やってんの。」


由美に好意を持っていた平助は動揺してうまく声がでない。


前のページ次のページ

戻る





today 71 yesterday 196
total 356546

- noa -