THREE

(1/5ページ)


「もう4時だぁ…」





そう独り言を呟いたのは由美。
栗色にした髪はふわふわと揺れ、唇にはピンク色のリップ。
目鼻立ちのよい可愛らしい女子高生だ。


由美は委員会のプリントを提出したあと、自身の教室へ向かう。




「早く帰ろーっと♪」


そして教室につき、ドアを開ける。


がらっ、そんな乾いた音がしたドアの先に










「総、司」



「やぁ、由美ちゃん」




茶色のセーターを身にまとった長身の男、沖田総司がいた。






「どうしたの…??」





由美は気まずそうに目を逸らした。



「答え、決まった??」


















「…。」







答えというフレーズに由美はぴくりと肩を跳ねさせた後黙り込んでしまった。







「その様子だとまだ、だね」









「…ちょっと待ってよ…」







由美は無理矢理に沖田をのけ教室に入ると新たに見えた人影。


「は、はじめ君まで…」




目の前にいるのは斎藤一。
こちらは沖田に比べきっちりと制服を着ている。



「由美。」



由美はキョロキョロと目を泳がせ、額にはじんわりと汗がにじむ。




「な、なに。二人して私を責めにきたの…??」




すると沖田が後ろから由美に近づいてきた。


前のページ次のページ

戻る





today 56 yesterday 196
total 356531

- noa -