お礼

(1/12ページ)


私には、好きな人が二人いる。

―仁王雅治
―柳生比呂士

の二人。

二人は、ウチの学校で人気の男子テニス部のレギュラー。

二人とも、すごくカッコよくて大好き。






優花は、テストで赤点を取ってしまい一人、教室で補習を受けていた。

「そのプリント、出来たら俺の所に持って来いよ。俺は、職員室に居るからな。」

「はーい。」

先生は、そう言い残すと教室を出た。
教室には、優花一人。

「はぁ」

優花は、大きな溜め息をつくと外を見た。

「あっ…仁王くんと柳生くんだ。」

優花の教室からは、テニスコートが見え優花は、仁王と柳生の姿を目で追っていた。

「カッコいい…///。いけないっ!!早く、これ終わらせないと…」

優花は、プリントに向い問題を解いていく。


前のページ次のページ

戻る





363 1644

- noa -