友情

(1/9ページ)


1年の頃から、菊丸と大石と優花は仲がよかった。
3年になった今も仲が良い。
それは“友達”として……。

優花は、菊丸と大石が所属する男子テニス部のマネージャー。
部活の間も、3人で居ることが多い。

そんな仲よしな3人の友情が、壊れるときが刻々と近づいていた。



部活後――

「秀一郎、話って何?」

「あっああ……」

大石は、みんなが帰った後部室に優花を呼び出していた。
部室には、大石と優花の二人だけ。

「どうしたの?」

「優花……」

大石は、ゆっくりと優花に近づいていく。

ギュッ!!

「しゅっ秀一郎!?」

「優花……好きなんだ。」

チュ。

「んっ!!」

大石は、優花を抱き締め軽くキスをした。



前のページ次のページ

戻る





202 1644

- noa -