運命

(1/11ページ)


彼に初めて会ったのは、早朝の公園だった。

私は、愛犬の散歩の途中でその公園に寄った。

彼は、ジョギングをしていて、すれ違った時、私は彼に心を奪われた。

どこの誰かもわからない彼に、私は恋した。

その日以来、彼に会うことはなかったけど、私は偶然にも彼に会えた。








青春学園――

優花は、青学男子テニス部のマネージャー。

「今日は、氷帝との練習試合だ。」

優花がマネの仕事をしていると、部長の手塚がそう言った。

「氷帝?」

「よぅ。手塚。今日は、楽しませてもらうぜ。」

氷帝レギュラー陣たちが登場し、部長の跡部が手塚に挨拶をした。

バサッ。

「っ////!!」

優花は、跡部を見た瞬間持っていたノートなどを落とした。


前のページ次のページ

戻る





321 1644

- noa -