大切すぎて

(1/6ページ)


「すぅ……すぅ……すぅ……」

眠る優花を愛しそうに見つめながら、跡部は優花の頭を撫でる。

「ん……景吾………」

優花は、跡部の夢を見ている様。



『跡部は、優花ちゃんの事大切すぎて、手出されへんねんなぁ。』



忍足のその言葉が、跡部の脳裏を過った。

跡部は、優花と付き合って2ヵ月。
2ヵ月経つと言うのに、跡部は優花にキスしかしていなかった。
それも、触れるだけのキス………。




確かに、忍足が言うように俺様は、優花に手を出せねぇ。
恐ぇんだ。
優花が、壊れそうで…
優花に、嫌われそうで…


前のページ次のページ

戻る





322 1644

- noa -