お使い

(1/11ページ)


氷帝学園――

「おい、優花、これを立海の真田に届けてきてくれ。」

部活中、部長の跡部がそう言いマネージャーの優花に書類を渡す。

「はい。はい。」

優花は、渋々、立海へと向かった。

「たくっ。跡部のやつ、人使い荒いんだから……」

「優花っ!!」

「侑士?どうしたの?」

忍足が、優花を追い掛けてくる。

「彼女を一人で、行かせるなんて心配でな。」

「侑士……///。」

優花は、彼氏の忍足と一緒に立海へと向かう。


立海大附属中――

「えーと……真田くんは……」

「あれとちゃう?」

「あっ本当だっ!!真田くんっ!!」

「ん?お前は……」

優花は、真田を見付け忍足と一緒に駆け寄る。


前のページ次のページ

戻る





433 1644

- noa -