Sugar

(1/9ページ)


氷帝学園男子テニス部、部室………

「ほら、優花口に付いとる。」

「ん。」

忍足は、彼女の優花を自分の足の上に座らせてお菓子を与えている。

しかし、今はミーティング中。

「忍足っ!!いい加減にしやがれっ!!今は、ミーティング中だ。部外者は入れるなっ!!」

その光景に我慢出来ず、跡部がブチ切れた。

「うっ………侑士ぃ」

跡部に怒鳴られ、優花は半泣き状態。

「あっすまん。すまん。跡部、いきなりなんやねん。優花がビックリしとるやろ。」

忍足は、優しく優花の頭を撫でなだめる。

「忍足、そいつは部員でもなければマネージャーでもねぇ。ここには、場違いだ。出せ。」

「は?何、言うてんねん。優花は、俺の彼女や。場違いなわけないやろ。」

「跡部……何言っても、無駄だと思うぜ。」

「チッ。」

向日の言葉に、跡部は諦めたかのように話しを進めた。

優花と忍足は、常に一緒。
忍足は、優花のことが可愛くて仕方ない。
そのため、つい甘やかしてしまう。


前のページ次のページ

戻る





326 1644

- noa -