勉強

(1/6ページ)


「リョーマくん♪」

優花は、猫なで声を出し越前に近づいた。

「やだ。」

「まだ、何も言ってないじゃんι」

「どうせ、宿題写させろとかでしょ?」

「宿題じゃなくて……勉強、教えて?」

「さっきも言ったでしょ。やだ。」

「いいじゃん!!彼氏なら教えてくれても……」

優花は、越前を見つめ持っていた教科書とノートをギュッと握りしめた。

「はぁ……わかった。教えるけど、お礼はちゃんともらうよ。」

「本当?やったー♪うん。お礼は、ちゃんとするよ。」

優花は、沈んだ顔から一気に笑顔になった。
越前は、そんな優花を見て微かにニヤっとした。

「今日、丁度、部活ないし図書館で教えてあげるよ。」

「うん♪」

二人は、図書館に向かう。
図書館に着くと、そこには誰も居なく越前と優花の二人きりだった。

越前は、優花が席に着くのを確認すると図書室の鍵をそっと閉めた。


前のページ次のページ

戻る





214 1644

- noa -