(1/6ページ)


「お兄ちゃん♪」

俺様の妹の優花は、常に俺にくっついてくる。
学校に居ても、家に居ても……。

このままじゃ、俺は……
優花を襲ってしまう……。





「お兄ちゃん♪今日、私がお弁当作ったの。食べて?」

「ああ。」

優花は、お昼休みいつもの様に景吾の教室に来ていた。

「おっ美味そうやん。もーらい♪」

「テメェ……」

近くに居た忍足が、優花が作ったお弁当のおかずをつまんだ。

「あーっ!!だめっ!!これは、お兄ちゃんに作ったのっ!!」

「ははっすまん。すまん。せやけど、優花はホンマ跡部が好きなんやな。」

「うん!!お兄ちゃん、大好き♪」

優花は、笑顔でそう答えた。

「跡部、自分愛されとるなぁ。せやけど………妹に手出したらアカンで。」

忍足は、景吾の耳元でそう忠告した。


前のページ次のページ

戻る





323 1644

- noa -