愛情表現

(1/7ページ)


「おい、早く来い。」

「待ってよ……」




あー………何で、私の彼氏はこうなんだろう……ι
まさか、こんな人だとは思わなかった……









「たくっ。もたもたすんな。」

「誰のせいだと思ってんのよっ!!」

優花は、腰を摩りながらゆっくり彼氏である跡部の後ろに付いていく。

「俺様のせいだって言うのかよ?」

「そうよ……毎日毎日……私のこと、本気で愛してんの?」

優花は、跡部を睨み付けた。

「愛してるぜ。だから、あれは俺様の愛情表現だ。」

こんなことを言われたら、返す言葉はない。

「今日も、ちゃんと愛してやるからな。」

「っ///!!」

跡部は、妖しく笑い優花の耳元でそう囁いた。



その日の夜――

跡部邸――

「ほら、脱げよ。」

優花は、跡部の部屋で跡部にそう指示された。

「今日は、ヤんないっ!!」

「何!?」

いつもはすんなり言うことを聞く優花が今日は、跡部の指示に反発し跡部は、そのことに驚いた。

「俺様の愛が欲しくねぇのか?アーン?」

「いらないもん。」

優花は、そう言いソファに座る。



前のページ次のページ

戻る





210 1644

- noa -