これはお仕置きだ

(1/2ページ)


クラウドに強く唇を奪われる。

最初から舌をねじ込む荒いキスをする。

激しいキスに頭がクラクラした。

やっと唇を離されたと思うとすぐに手は私の服のボタンをはずし始めた。

『やっ、やめて…』

「そんな目で言われても逆に煽るだけだぞ」

クラウドは手を止めず、全ての服をはだけさせてしまう。

眼前に自分の胸が晒されて羞恥で頭が一杯だ。

そのまま抱き締められ、ホックを外されると全てが露になる。

『ピンク色か…綺麗だな』

身近でまじまじと見られて体内の血液が沸騰してしまいそうだ。

クラウドの大きな手で掴まれ、揉まれながら乳首を強く摘まれると痺れる様な快感が生まれた。

『ぁ…んぁ…ん…』

目を軽く閉じて感じていると、それを見たクラウドが更に強く摘まむ。

『…クラウド、そんな乱暴に…あっ…』

痛いほどの刺激に甘い喘ぎ声が出る。

「感じているのか?」

『そんな事無い…』

クラウドの言葉に私は反論する。

しかしそんな言葉も次のクラウドの行動で意味を持たなくなる。

「なら体に聞いてみるかな」

『やっ、そこはっ…』

そこを手で押さえようとしたが、1テンポ遅くクラウドの手によって捕えられてしまった。

片手で腕を押えながらもう一方の手で理奈の秘部に手をのばす。

クラウドが下着に手をかけ、引きおろしそこに触れる。

クチュリ…。

「ずいぶん、びちゃびちゃだな?さっき感じてないって、言ってなかったか?嘘つく様な奴にはお仕置きが必要だな」

クラウドは一気に指を3本突き入れた。

『っっ…うああっ…』

奥まで入れきると、その指を激しく動かす。

『う…ィあッ…ひゃん…ッ…』

クラウドは早く、激しく指先を動かす。

『あ…はぁ…んっ…』

甘い声がひっきり無しに漏れる。

『もう…い、いく…っ…』

「まだイクな。言っただろ?これはお仕置きだ、ってな」

絶頂を迎える寸前という所でクラウドは手を止める。

『や、何で止めるの…?イキたいよ、っ』

涙目で懇願するがクラウドは聞いてくれない。


前のページ次のページ

戻る





609 611

- noa -