お医者さんごっこ

(1/2ページ)


「今日は理奈とお医者さんごっこしたくてのぉ…」

『しょ、正気?相変わらず変態だね…』

「そうか、ありがとな」

『別に褒めてないんだけど』

カサ、と紙袋を置く音がした。

「わくわくするでぇ、ほな、さっそくお医者さんごっこしようや。後ろ向いといて?」

言われた通りに後ろを向く。1〜2分で声を掛けられた。そこに居たのは白衣をまとった吾朗だった。

『どうしたの…その格好!?』

「やるなら本格的に、やろ?まずそこのベッドに座りい」

私はそれに従い、ベッドに腰掛けると吾朗が私の隣に座った。

「それでぇぇ、こっち向いてや」

向き合う様に座ると、吾朗と目が合って急に恥ずかしくなる。

なるべく目を合わさない様に理奈は下を向く。

「ほな、診察始めるで。まずは心臓の音聞くからじっとしててな」

聴診器を私の胸に当てる。最初は普通に心臓に当てられる。

「ちょっと心臓早いなぁー、こっちはどうや」

スルスルと移動させ、理奈の乳首に当てる。

『ん…っ』

そこをかすめる感覚に、軽く吐息が漏れた。

「なんやこれは、困ったのお、かたいものが聴診器にひっかかるやないかい」

吾朗はその反応を見て愉しくなったのか、そこをぐりぐりと刺激する。

『っあ…』

「そろそろ体、熱くなってきたとちゃうんか?ほな体温測ろか。口、開けてや」

理奈が少しずつ口を開けると、その中に指を入れてきた。指は舌先をなぞり、上顎をくすぐる。

くすぐったさと微かな快感に目を閉じる。

「熱いな。熱、あるわ。それに苦しそうやし…服脱いで?」

『や…恥ずかし…』

「先生の言うことが聞けないんか。自分で脱げへんのやったら俺が脱がしたるわ」

ワイシャツに手をかけ、1つ1つボタンを外していく。

恥ずかしさに私はぎゅっと目をつぶった。

全て外されたのか衣服が取り払われ、外気が肌を掠めた。

「これも診察の邪魔やから外すな」

『それは…っ…』

私が止めるのも一切聞かず、ブラまで外してしまう。

「胸の成長も問題あらへんな。でも見ただけじゃ分からへんから触診や」

吾朗の手が理奈の胸に触れ、大きな手で掴まれ、揉まれると自然と声が出た。

『っあ…あっ』


前のページ次のページ

戻る





660 611

- noa -