風俗嬢との体験談(1〜30話)



風俗雑誌を見ながら、素人姉デリをチョイス
10年前の話ですが、私は支店勤務で本社で会議があり、終了と共に本社同期らとススキノへ飲食に行きました。会食後、同期らはススキノへ後ろ髪を引かれる中をムラムラを抑え、私は支店のある地元へと帰路につきました。ススキノを1人で駐車場へ向かう途中、風俗の看板が私を誘うも、次の日に支店内で打ち合わせる資料を作らなければならないので、泣く泣く1人帰路ドライブに。
おっぱいパブで嬢のマンコかき回したった
おっぱいパブには地域とかにより色々差異があるようだけどこの話に出てくるおっパブは追加料金払うと、個室ではないけど外から見られない程度に仕切られた席で指名した子と楽しめるという要素があった。俺は友人に誘われて行って最初は通常のおっパブで利用したのだが、その時3人のおっぱいを触ったのだが最期に俺の上に乗って来た子が凄く好みだった。顔はモームスの安倍なつみに似てて、しかも胸はFカップあった。
意を決して歌舞伎町のソープに行くことに
俺の初体験も語らせてくれ。30歳超えていまだ童貞だった俺はさすがに焦っていた。ちんこの起ちがにぶくなっていることも焦る要因だった。オナホもいろいろ試した。とにかくもう慢性的なオナニーでは、気持よくても心が満足しなかった。普通に働いているので、お金が無いわけじゃない。だけど、そういう店に行く勇気がなかった。だけど、ついに意を決してソープに行くことに決めた。
パチンコで勝って池袋へ。メシ食って飲んで風俗へ
数年前、俺はよくパチンコ屋に通っていました。俗に言うパチプロもどきってヤツ。パチンコじゃなくてスロット専門で通ってました。朝から並んで、設定変更を狙う。調子が良い時は日当10万以上もざらな時代でした。ただ朝早く並ぶのが辛かっただけで。地元から電車でちょっと下ったエリアに通ってました。ライバルが少なくて、俺にとったら勝ちやすいホールがあったので。土日以外のほぼ毎日、朝から並んでました。
若妻専門の人妻デリヘルの新人なつみさん
寒くなると人肌恋しい時期に若妻専門を謳っている人妻デリに電話したところ23歳の新人を勧められました。入店2ヶ月でメチャメチャ美人とのこと。出勤時間帯が17時から20時と短かい為、1日1人になってしまうようです。名前は「なつみさん」初対面から感動しました。可愛い・スタイルいい・頭がいい(きっと)一緒にお風呂に入るのも脱ぎ捨てた服をたたんでいかにも人妻っていう感じです。
吉原の店で童貞捨てました
吉原(65,000円)の店で童貞捨てました。ネット上の情報サイト、風俗雑誌で下調べをすること3ヶ月。なかなか相手を決めることが出来ず、風俗雑誌で妄想を膨らませてオナニーばかりしていました。やっと決めた相手の外見は自分好みの可愛い系。23歳、ショートカットで色白、ホッペが赤らんだ笑顔の写真に惚れこみました。行くと決めた3日前からオナ禁。当日の午前中に予約電話を入れる。自分の携帯を使うのがいやで、公衆電話を使いにわざわざ駅前まで。知り合いに見られていないか周りを確認しながらダイヤル。
時間と性欲を持て余した人妻デリヘル嬢
駐車場に車を入れて待っていると一人で立っている女性が電話をかけ始めた。程なくして自分の携帯に着信。知らない番号からだ。「もしもし?」「あの○○さんの携帯電話ですか?ゆりと申しますが…」間違いない。あそこにいるのが自分が指名したゆりだ。車の場所を伝えるとこっちへと歩いてきて、控えめなノック後に助手席へ乗り込んできた。
ソープが好きな先輩の薦める店に行った
お金を払い、待合室から呼ばれて廊下でソープ嬢と対面し、挨拶する。彼女に導かれて部屋に入る。丸顔の若い子だった。その時は美人に見えた。その店の制服なのか、彼女の好みなのかわからないが、ビキニの水着とビーチウェアーだった。そこで抱き合ってディープキスをした。ぎこちないキスだったのだろう。「ソープは初めて?」「ええ、初めてです。あのー、僕、まだセックスしたことがないんです。よろしくお願いします」
店に入ったばっかりの26歳の人妻で細身の美人
先週思わぬ臨時収入があって、非常に溜っていたこともあり大塚に遊びに行ってきました。何時もは、大塚では○○○○○の×××さんという28歳の人妻さんをよく指名していたのですが、生憎休みでした。「じゃぁまたにします」と電話を切ろうとすると、店の人間が、「今日入ったばかりの娘が居るんですがどうでしょうか?」と聞くのです。
風俗初入店の女の子
風俗に行こうかと思ってサイトを確認したら新人さんが急きょ入店って書いてあった運が良ければ新人風俗嬢を指名できるかなってぐらいで行ったんだけど、10分待てばOKだって言われて指名した。写真見たんだけど目線入ってるから顔は確認できず。店長は「可愛いから大丈夫」っていうし、痩せててFカップの巨乳だって言われてたしね。呼ばれて部屋に入ってみたら、すげぇ〜緊張して顔が引き攣った子がいた。
スレンダーな娘だった。20歳でOLらしい
出張先での風俗H話仕事を終え、晩飯がてら居酒屋へ一人で行った。カウンターで飲んでると混んできて隣の席に50過ぎのちょっと水商売っぽいオジサンが座った。お互いに一人だったので、自然に会話をするようになり、酔いも手伝って打ち解けて一緒に楽しく飲んでいた。自己紹介もして名刺交換もした。オジサンは、〇〇興業代表取締役となっていた。
今日から体験入店の娘
ヤレないヘルスには二度と行かないのが私のモットーだ(笑)この日もナンパで見事に玉砕し、ふらふらとヘルス街に足を運んだ。40分8000円、うん!ここにしよう。「いらっしゃいませ」薄暗い店内に落ち着いたボーイの声が響いた。さて、ここで私の大好きな中出しをするにあたって非常に重要なことがある。店の壁には女の子のポラ写真が所狭しと並んでいた。
人妻ヘルス嬢は近所の奥さん
コースは一番高い110分コース、そこのヘルスは、完全に外からのぞけない部屋です。まあ、本番確立50%と結構高く、何人かは生中出しをしました。前回は、少し違いました。写真指名は無い為、あくまでもお店に任せるのですが、部屋に入るとなんとその日の人妻ヘルス嬢は、近所の奥さん、お互い顔を見合い、「え〜。」と言う感じ、向こうはあせってましたよ。
夫の治療費の為に風俗で働きました
26歳の人妻です。なつみといいます。私の身に今起きていることを誰かに話したくて。でも、とても他人には話せないんです。その胸の支えを少しでも降ろしたくて・・・私が結婚したのは、5年前。21歳の時です。高校を卒業して就職した会社で知り合った主人と1年後に結婚。今に至ります。
デリヘル呼んだら大学の同級生だった
日常空間に女の子がいるのって最高だし、専ら宅ヘル派モザイクがかかっているのでわからないけど、プロフィールを見る限りでは、若くて細くて良さげな子なので呼んでみた。怖いお兄さんから「家の前に着きました。今から女の子が伺います」と電話があり、階段をコンコン上がってくるヒールの音が聞こえた。この瞬間がドキドキして毎度のことながらなんともいえない。インターホンが鳴った。心を躍らせて玄関に行くと…、
本番は禁止のイメクラで
毎週のように風俗に通っていました。通っていた地域は都内からちょっとの某県。都内との県境みたいなエリアです。風俗好きな人は知っていると思いますが、今から数年前に、風俗店の多くは警察からの指導が入りました。それが始まるかどうかという時期です。まだ各店舗の中でプレイを楽しめた時代。通っていた3店舗のイメクラ全てが、店舗内でプレイができました。その3店舗ですが、勤務している風俗嬢の多くがプロっぽくないんです。
本番ありの裏ヘルスが横行してたころ
(大体が20代前半)当然、店によってははずれもあるだろうが、自分が行ってた店はかなり良心的な店だった。(但し、写真が貼ってはあるが、大体の実物は写真の8掛け程度だったけどww)ある日、仲間数人と飲んでその店に行った時のこと。週末のせいもあって店はかなりの混雑。お気に入りの子は結構待つということで、仲間達との‘終わった後の集合場所’の時間も考慮して、少し年増だがA子ちゃんを指名(20代後半くらい)しばし待合室で待ったあと、お呼びが懸かりA子ちゃんと対面。
ピンサロに行くと同じクラスだった子がいた
つい最近の話。風俗好きの俺は月に1回くらい風俗に行くんだ。風俗っていっても金のない俺では、ピンサロがやっと。ある日、いつものように行きつけのピンサロに行くと、オキニが体調不良で休みだった。出勤してる女の子も少なく、すぐいける子という事で今日が入店だという“めぐみ”という子を紹介された。その店はパネル指名だが、めぐみは顔を手で隠していて可愛いかどうかは分からない。でもスリーサイズは明記してあった。
吉原の高級店にて今日卒業してきたのでレポします
当方24歳の新社会人で、彼女イナイ歴=年齢。容姿スペックはイケでもブサでもないはず、告られたことも一回ほど。体型=ガッシリ。顔=四角。三週間前に卒業を決意し、初任給で即行してきた。女の子と喋ることはできるけど、どうやって先に進めばいいかわからず、またこの歳にもなって童貞ってのが凄い負い目になって鬱になったりしてた。三週間みっちりネットを彷徨い、これだ!って嬢を見つけてお願いしてきた。
デリヘルで働いてます
『田中○恵ちゃんに似てる』ってよく言われるダメ嬢・・デリヘルでバイトしてる・・です。本物の理恵ちゃんも大きいけれど、お乳は95センチのHカップあります。ポッチャリでなくホッソリしたカラダにアンバランスな巨乳ちゃんなので、『エッチなカラダしてる』ってよくお客さんに言われる。ほとんどのお客さんがパイズリで果てたがります。あとは・・騎乗位での素股が喜ばれるかな・
俺はついにデリヘルを呼ぶことを決意した
自分:24歳 女性経験:2人今までに彼女がいたこともあるし、セックスも何回かしたことはあった。けれど今のようにAVや無○正動画が横行している時代に、普通のセックスでは物足りないと感じる人間は多いはず…彼女とセックスするときには、雰囲気作りに始まり、電気も消さねばならないし、もちろんゴムも付けるしいろいろ相手をいたわってやらなければならない。それに彼女がそんなにセックスに対して積極的な性格でなければ向こうから愛撫などはまずしてくれない。そういうわけで俺は今までフェラもされたことは無かったし、正直明るいところでおまんこも見た事は無かった。
先輩に誘われて風俗へ
金曜日の事なんだが、先輩に誘われて風俗に行ったんだ。この先輩は猛烈に風俗が好きな先輩で、呑みに誘われた連れて行かれると覚悟してた。既婚者の先輩たちが帰って俺一人になると『今日寄ってかね?』と案の定。『長く入らないならイイっすけど』『大丈夫だよ!サクッと45分だけだから』何がサクッ!だよ、と思いつつ、作り笑顔で連れて行かれた。
デリヘルを頼んだら近所付き合いのある奥さんだった
14年前、私が40歳のときのことです。妻はセックスに関してあまり積極的ではないため、妻に内緒で風俗に行っていました。ネットで新規のお気に入り候補を探すため色んな風俗サイトを検索していたとき、ふとある女性に目が止まりました。源氏名は「明美」で、近所付き合いのある奥さんに似ているなぁと、少し気になりました。その奥さんはまだ年齢が若く、私の超好みの可愛い奥さんなんです。
臨時収入で早速五反田の人妻デリを利用しました
懐が暖かかったので少し奮発して150分3万5千円のコースであい嬢32歳B92(F)-58-84を指名。駅で待ち合わせをして待っていると現れたのはネットの写真通りのナイスバディのあい嬢、清楚な服装と顔には不釣合いなほどのHな体が最高!さっそくラブホへ。歩いているだけで、あい嬢のHな体といい匂いで勃起してしまい部屋に入るなり我慢できずに後ろから抱きしめゆっくりボディラインを優しくなでる。
行きつけのおっぱいパブにいった
行きつけのおっぱいパブがあった。 その日は会社の飲み会があったが、二次会がなかったので、一次会終了後そこに一人で行った。 入り口でご指名はあるかと聞かれたので、何となく、今日は指名なしで、と答えた。 席に案内されるやいなや、今日対応してくれる店員さんが来た。 店員さん(Aちゃん)は、僕にはどストライクの女の子。 少し茶髪のロングヘアーで、ムチムチボディのギャルだった。 Aちゃんが横に座り、最初は何気ない会話を楽しんでいた。 すごく気の合う子で、しかも可愛くて、僕はだんだんムラムラしてきた。
デリヘルを頼んでやってきた女の子は可愛い風俗嬢
休みにデリヘルを頼んだホテルに入って、やってきた女の子は小柄で貧乳だがなかなか可愛い風俗嬢そのMちゃんはちょっとおとなしくて控えめな感じで、特に世間話をするわけでもなく、部屋に入ってすぐ、「ねぇ、脱いじゃお。」といって俺の服を脱がしてくれる。もちろん俺もMちゃんのスカートに手を伸ばし、服を脱がしていった。すると、トランクスを脱がすなりいきなり俺の息子を咥えた。
仕事の帰りに大阪の比較的有名なヘルスに寄りました
2ヶ月前になりますが、社用で関西方面に出張した際、仕事の帰りに大阪の比較的有名なヘルスに寄りました。本当は泡のお風呂等が良かったのですが、小遣いを握られている私にはあんまり余力が無かったんです週末ということもあって、私の前には3人ほど並んでいました。
イメクラの最寄の駅でお金をおろし、いざお店へ
3月の早朝の駅のホーム眠気まなこでホームを見渡すと、薄い黒パンストと黒のタイトスカート穿いた通勤OLがいっぱい。中にはパンティラインがわかるくらいのスカートを穿いたOLや、ハイヒールのつまさきから、パンストのつま先サポート部の少し濃くなった部分が露出俺はそれを見たとたん、妄想がはじまり、ズボンの前が膨らみはじめ、いそいでカバンで隠した。
ガングロギャル専門のソープを調べて行ってみた
ガングロギャルが在籍しているギャル系風俗にドハマリしている一時期黒ギャルとか大嫌いだったんだけど、ふとAVで見てからかな?黒ギャルにドハマりして、何でこんなエロい生き物を嫌っていたんだとすぐさまネットでガングロギャル専門のソープを調べて行ってみた。そしたらやばいぐらいハマッてしまって、足繁く通う日々
地方の格安ピンサロに行ってきた
風俗が好きだが金のない俺は地方の格安ピンサロにちょこちょこ行ってたんだある日 2回くらいついた事のある子がやって来て今日はお客さんにお酒飲まされちゃってフラフラ−と言ったんだ見ると ほんのり顔が赤くて 眼もとろんとしている指名じゃなかったけど 色白で胸が大きい子だったからすぐにムラムラきて 顔を引き寄せディ−プキスをする


トップページ


【18禁体験談】

女性視点のエロ体験談(1〜20話)
女性視点のエロ体験談(21〜40話)
女性視点のエロ体験談(41〜60話)
女性視点のエロ体験談(61〜80話)
女性視点のエロ体験談(81〜100話)
女性視点のエロ体験談(101〜120話)
女性視点のエロ体験談(121〜140話)
女性視点のエロ体験談(141〜160話)
女性視点のエロ体験談(161〜180話)
女性視点のエロ体験談(181〜200話)

男性視点のエロ体験談(1〜20話)
男性視点のエロ体験談(21〜40話)
男性視点のエロ体験談(41〜60話)
男性視点のエロ体験談(61〜80話)
男性視点のエロ体験談(81〜100話)

18禁激裏体験談(1〜20話)
18禁激裏体験談(21〜40話)
18禁激裏体験談(41〜60話)
18禁激裏体験談(61〜90話)
18禁激裏体験談(91〜120話)
18禁激裏体験談(121〜150話)
18禁激裏体験談(151〜180話)
クリトリス責め体験談(1〜10話)

エッチな激裏体験談(1〜30話)
エッチな激裏体験談(31〜60話)
エッチな激裏体験談(61〜90話)
エッチな激裏体験談(91〜120話)
エッチな激裏体験談(121〜150話)

SM調教体験談(1〜20話)
SM調教体験談(21〜40話)
SM調教体験談(41〜60話)

出会い系エロ体験談(1〜20話)
出会い系エロ体験談(21〜40話)
出会い系エロ体験談(41〜60話)
出会い系エロ体験談(61〜80話)

風俗嬢との体験談(1〜30話)
風俗嬢との体験談(31〜60話)
風俗嬢との体験談(61〜90話)
風俗嬢との体験談(91〜120話)

フェラチオ体験談(1〜30話)
フェラチオ体験談(31〜60話)
フェラチオ体験談(61〜90話)

人妻のエロい体験談(1〜30話)
人妻のエロい体験談(31〜60話)
人妻のエロい体験談(61〜90話)
人妻のエロい体験談(91〜120話)
人妻のエロい体験談(121〜150話)
人妻のエロい体験談(151〜180話)

OLのエッチな体験談(1〜30話)
OLのエッチな体験談(31〜60話)
OLのエッチな体験談(61〜90話)
OLのエッチな体験談(91〜120話)
OLのエッチな体験談(121〜150話)

羞恥露出体験談(1〜10話)
羞恥露出体験談(11〜20話)
羞恥露出体験談(21〜30話)
羞恥露出体験談(31〜40話)

看護師ナースのH体験談(1〜20話)
看護師ナースのH体験談(21〜40話)
看護師ナースのH体験談(41〜60話)

筆下ろし童貞卒業体験談(1〜20話)
筆下ろし童貞卒業体験談(21〜40話)
筆下ろし童貞卒業体験談(41〜60話)
筆下ろし童貞卒業体験談(61〜80話)
筆下ろし童貞卒業体験談(81〜100話)

処女の体験談(1〜10話)
処女の体験談(11〜20話)
処女の体験談(21〜30話)
処女の体験談(31〜40話)
処女の体験談(41〜50話)
処女とセックスした体験談(1〜10話)
処女とセックスした体験談(11〜20話)
処女とセックスした体験談(21〜30話)

スワッピング体験談(1〜10話)
スワッピング体験談(11〜20話)
スワッピング体験談(21〜30話)
スワッピング体験談(31〜40話)

中出し体験談(1〜20話)
中出し体験談(21〜40話)
中出し体験談(41〜60話)
中出しされた体験談(1〜20話)

ゲイ体験談(1〜20話)
ゲイ体験談(21〜40話)
ゲイ体験談(41〜60話)
ゲイ体験談(61〜80話)
ゲイ体験談(81〜100話)

レズビアン体験談(1〜20話)
レズビアン体験談(21〜40話)
レズビアン体験談(41〜60話)



today:56 yesterday:18

- noa -