ホームセンターのバイトで飢えてる人妻に誘われて

(1/3)


大学2年でホームセンターでバイトしてます。

働いてるのはパートの主婦の人が半分以上です。

バイト始めて3ヶ月くらいたって

38歳の眞紀さんというちょいポチャの奥さんと休みが重る前日、

「明日は暇かな?」と聞かれてうなづくと

「良かったら食事に行かない?」と誘われました。

食事してから車に乗せられて走りはじめると、

「ねぇ……、ちょっと寄り道ね」

と走るとのラブホの入口で急左折……。

「私みたいなおばさんじゃ嫌かな?」

逃げようにも逃げられない状況で即尺されました。

舐めるのはちょっとだけで、

一番奥まで呑みこまれて、舌をクルクル回転させながら

長いストロークで出し入れされたから、

すぐにギンギンカチカチに勃起してしまいました。


「堅いし長いね……」

両手で握って確認してるのかと思ったら、

自分でワンピースの裾をまくりあげて上に乗っかってきて、

片手で握った俺のモノの位置を合わせて収めちゃった。

ちょいポチャだったので重いんじゃないかな?と思ったけど、

自分でしゃがみこんで調整してくれてるみたいで重さは感じない。

俺の胸に両手をついて、お尻の上下を速くする。

「アアッ!凄い奥にあたる……」

結構大きな声であえぎはじめる。

ワンピースの胸のところでオッパイがユサユサ揺れてるのがわかったので、

上からむんずと握りしめてみると、乳首が堅くなってるのがわかった。


←前のページ次のページ→

戻る




today:50 yesterday:120
- noa -