妻が目の前で他の男とエッチ

(1/8)


今から15年以上前だったか、

当時バブルの絶頂期で大学卒業を

控えた俺はいくつかの企業に面接に行った。

当時は今の就職難など

嘘のように俺のような2流大でも引く手あまただった。

本命は某大手企業だったのだが、

何せ一応受けた中小企業の接待攻勢がすさまじく

当時まだ純情だった俺はあえなく陥落してしまった。

入ったのは中くらいの印刷会社。

細かい仕事や職人技術に憧れていた

俺は儲けを度外視して面倒な仕事ばかり選んでは毎日深夜まで仕事をした

が、同僚達は殆ど仕事を丸投げして中間マージンをとるだけでボロ儲け

俺は上司からも要領が悪いと言われ少し落ち込んでいた

その俺が唯一楽しみにしていたのが写植屋のA子。


元気で笑顔が

かわいいこだった。

俺は毎日何かと理由をつけてはその写植屋にいって

彼女と話そうとした

が、仕事で自信を失いかけていた俺はなかなか彼女に告白できない

そんなまんじりともしな時間が過ぎ。

世の中が急変する出来事がおきる

バブルの崩壊だ。

それとともに自分の会社での立場も変貌した。

要領のいい連中がリストラで淘汰され、面倒な仕事ばかり引き受けていた

じぶんの立場が向上したのだ。

俺は意を決して彼女に告白した。


←前のページ次のページ→

戻る




today:12 yesterday:46
- noa -