ぺニスをあてがいヌチヌチヌチと生挿入

(1/4)


事務としてパートタイムの人妻が今年の春に入ってきました

高1と中1の子どもがいる38才で仕事は頼りになります

笑顔がとてもかわいくて、眼鏡かけずに最初見たときは

大卒かと思うくらいピチピチしてました

全体的に見ると僕好みのムチムチ感で

太股なんかちょうどいいムッチリとした肉付きをしています

それに巨乳なんです

どんな服装でも分かってしまうんです

派手ではなく胸元もいつもきちんと閉じて

人妻らしく振る舞ってますけど巨乳なんです

席は向かい合っているけどパソコンや資料で普通には頭のてっぺんしか見えません

でも電話や用事なんかで声をかけるときには

パソコンの影から顔を出して微笑んで目を見て話してくれます

この笑顔に僕はやられてしまいました

食事会にはいつも参加してるし社交的です


だけど、弁当や飲み物は持参してくるし無駄に出歩かないので

個人的な話をするチャンスもなく仲良い同僚的関係でした、先週までは・・・

ついに生のお乳を味わってしまいました・・・

僕は勝手に妄想の世界に入って気持ちが高ぶってました

ベテランの倉庫管理者が休んだ日、

営業から頼まれた在庫品は事務が探しにいかないといけませんでした

巨乳の吉野さんが「倉庫行ってきます」と行ったっきり帰ってきません

上司から「ちょっと見てきてやってくれんか」と頼まれ、

僕は誰かに襲われてないか心配だったのでダッシュで倉庫まで走りました

息を切らしながら倉庫に着き、

「どうしよう」って焦ってる様子の吉野さんを見つけました


←前のページ次のページ→

戻る




today:14 yesterday:46
- noa -