会社の人妻の先輩と中出しエッチ

(1/2)


会社の先輩であるK美に出会ったのは5年前、

会社の本部に異動をさせられた時でした。

どちらかというと小柄で童顔な彼女でしたが、

俺よりも2つ歳上で、すでに結婚もしていました。

彼女はコンピュータのインストラクターで、俺の技術監査の仕事と、

仕事の内容はまったく違うのですが、

割と近場のグループに配属させられました。

彼女にとって歳が近かったため、使いやすかったのか、

結構彼女の雑用に使われていました。

俺も、無茶な内容ならともかく、

後輩なのでいろいろ引き受けていました。

そして、3年まえのある日。

毎度のことに、彼女から資料を取ってくるのを手伝ってくれと言われ、

会社の地下室に入りました。


倉庫になっているここは、

非常に乱雑に物が置かれていて、

探している資料を探すのは一人ではかなり困難でした。

と、そのときに資料室のドアが開き、K美が入ってきました。

「あ、いたいたー」

K美が俺を見ていつもの調子で声をかけました。

「どうしたんです?」

「たまには自分でもやらなきゃなって、あたしもやるね〜」

相変わらず笑顔がかわいい人だな〜、と、

外面には出さずに思っていました。

「なんだぁ、それなら早く言ってくださいよ。」

俺も笑いながら作業をつづけていました。


←前のページ次のページ→

戻る




today:53 yesterday:120
- noa -