ウブで実直な人妻

(1/2)


32歳既婚ですけど子どもはいません。

職場で働く38歳の人妻パートの千恵子と親しくなった。

子供が二人いるような歳なのに、

同僚の男たちがちょっと卑猥な会話を耳にしただけで、

顔が赤くなるウブで実直な女だった。

肌の色は白く、大変な美人で旦那に可愛がられてるんだろうと思った。

会社の忘年会やボーリング大会など、

いつもは欠席していた千恵子が珍しくこないだの花見に出席したが、

俺は特に意識してなかったから同僚といつも通りに乱痴気騒ぎをしていた。

やがてお開きとなり、俺は軽い気持ちで千恵子を送った。

「あたし酔っ払っちゃったみたい」

としきりに言うのでタクシーを拾ってあげようとすると、

今度は「こんな夜まで外にいたことないから、なんだか帰るのがもったいない」

と言うので、俺は千恵子の手を握って歩き出した。


「えっえっ?」と千恵子は驚いていたが

俺の手を握り返してきたのでこれはOKなんだな、

とホテルに入っていった。

「わ……私こんなおばさんなのに……」

と千恵子は恥かしそうにしていたが、

俺が「どの部屋にする?」と訊いたら

「……どれでもいいですと答えた。

部屋に入ると俺は千恵子を抱きしめた。

「もっと若い子いるのに……私なんか……」

と千恵子は困惑していたが、

俺がキスして舌を入れた瞬間に女のスイッチが入ったらしく、

一変して激しく自分の舌をからませてきた。

外は寒く、千恵子の体も冷えていたが、

長いキスをしてるうちに次第に体が火照ってきてるのがわかった。

上着を脱がすと、華奢な体に決して大きくないが形のいい胸のラインだ。

抱きしめたまま耳を軽く噛むと「はっ……ああ……」

と敏感に応えてきたので感度も楽しみだった。

ベッドに横たえてブラウスのボタンをはずすと、

派手めの白いブラジャーをつけておりそれをはずすと、

固くなってる乳首をしゃぶりながらスカートも脱がした。

「んっ……んんっ……はあっ」

千恵子は息を荒くした。

ベッドの上で、パンティーだけになった千恵子へ俺は長い間愛撫した。

「どうしよう……すごい久しぶりなの」

「いつ以来?」

「上の子が5年生のころだから……4年くらい……」

「えっ?その間は?」

「私……主人以外とは……機会がなくて……今時笑っちゃうでしょ?主人しか知らないの……」

俺はすっかり濡れていた千恵子のパンティを脱がすと両脚を大きく広げた。

「あ……いやぁ……」

千恵子は両手で顔を覆い、恥ずかしげに膝を閉じようとしたが

俺はかまわず千恵子のあそこに舌をはわせた。

「あああああああん!ああ、ああ……」

千恵子は体を反り返らせ、舌の先がクリトリスに触れるたび、ぴくんぴくんと応えた。

「俺にもしてくれる?」

頼むと千恵子は体を起こし、俺のものを口に含んだ。

生暖かい千恵子の舌が俺のものにからみつく。


←前のページ次のページ→

戻る




today:72 yesterday:120
- noa -