ママ友の手コキ、フェラチオ

(1/6)


今一人酒でほろ酔い気分ですが、

思い出し萌えしながら

エロ体験を投稿してみようと思います。

ママ友は少し珍しい名字なので

イニシャルでKさんと表記させてもらう。

うちは、以前は妻の地元で生活しており、

3年程前に俺の転職の都合で東京に出てきた。

妻とKさんは当時のパート仲間であり、

同じ歳の子供がいるせいもあって

今も連絡を取り合う仲だ。

Kさんの旦那は

中古車屋の営業とかだったと思う。

夏休みにKさんと子共&うちの妻子とで

浦安の例の施設へ遊びに行く為、うちに泊まったのだ。

(確か金曜で俺は行ってない。)


子供達も久しい友達と

遊べて楽しめていたらしい。

その日、俺が仕事から帰ると

妻とKさんは子供達を寝かし終わり、

風呂も済ませてリビングのテーブルで

リラックスしながらチューハイを飲んでいた。

妻「お帰りー。」

Kさん「おじゃましてまーす。お久しぶりです〜。」

俺「あ〜どうもこんばんは。ご無沙汰してます。」

てな挨拶だったと思う。

子供が寝静まった後のママ達の

お喋りは盛り上がっていたらしく、

挨拶も程々に再び女のお喋りタイムが始まった。

俺も缶ビールを持って来て輪に加わった。

とは言っても聞き役なわけだが。

その時の話しは主にKさんの旦那への

愚痴がメインになっていて、

どうやら近ごろ旦那の若い女への

興味が強まっていること、

そして夫婦仲が薄れていることなどだった。

当然俺には男の意見を求められ、

ありがちな話しだなとは思いつつ、

適当に波風立てない答え方をしていた。

ただ、Kさんはその時三十路半ばで

俺は32歳で妻30歳。

Kさんは適度に細くて大人の女の

落ち着きも兼ね備えた、美人な人妻。

俺はKさんは魅力あるのにもったいない、

的なことを説いていた。

「Kさんの旦那さんは

近くに居過ぎてわからないんですよ〜」

「あらそうかしら、

Tさん(俺の名)わかる〜?(笑)」

みたいな具合。

口説いてるレベルではないから

妻も気にしてない様子だった。


←前のページ次のページ→

戻る




today:94 yesterday:120
- noa -