スキンの訪問販売で人妻と

(1/3)


スキンの訪問販売という商売が、

まだ成り立っているということに多くの方は驚くと思います。

私は、大都市でも地方中小都市でも訪問販売をしています。

昔は法外な価格で売りつけたり、

物凄い数量を押し付けたりした例がありましたが、

今は違います。

私の場合は、

一流メーカーの新商品発売前のモニターのお願いと

アンケート応募券をお渡ししてます。

勿論、スキンは有料ですが、

そんなに高価ではありません。

売上は、一日10万円ぐらいですが、

日によっては20万円を超えることもあります。

ビジネスホテルに泊まりながらの商売は、

体にはきついですが、良いこともあります。


月に何人か人妻を試食出来る事です。

永年の勘で、

説明していると好色な表情を浮かべる奥さんがいます。

すると、

「スキンの正しい装着の仕方を教えて下さい」

などと言いだします。

その時は、遠慮せずに家に上がります。

「応接間ではなんですから」と言って、

寝室に案内してもらいます。

それで、実物でご説明しますと言い、

スラックス・ブリーフを取ります。

ここまでは、いきおいで段取り良くします。

奥さんは驚きますが、

ワイシャツもアンダーシャツも脱ぎます。

要するに全裸になってしまいます。

おくさんとしては、自分からお願いしたということがありますから、手際よく全裸になると何も言いません。

全裸になった時は、当然勃起していますから、掛け布団の上に仰向けになり、スキンの装着の仕方を説明します。

その後、奥さんに装着してもらいます。

その時は、奥さんの目は私の男根を見たままです。

というのは、私の男根は長さは標準より少しありますが、太さがあるんです。

それに、血管がサオの上をのたくっていて、盛り上がっているんです。

見慣れない女性には、相当の迫力になります。

奥さんに装着させると、最初に奥さんは、カリの張り出しと段差にびっくりします。

きちっとスキンをひろげないとはいりません。

次にサオに指が触れます。

私の男根は、硬度がすごくてカチカチですから、奥さんはこれにも驚きます。

スキンにのたくった血管が浮き出ます。

これまでしてくれば、奥さんの頭の中は私の男根のことばかりですが装着が終ると、「これで説明は終りました」と言ってブリーフやアンダーシャツを着ようとすると、奥さんの方から「使い心地もためしたいのですが」などと言い出します。

奥さんを裸にして、愛撫して、挿入します。

人妻により鳴き方も反応も違いますから、いいですよ。

そんな、奥さんは一人で数万円購入してくれます。

中小都市の広い家に住んでいる三十代、四十代の奥さんは、その可能性が高いです。

それに、そういう奥さんの所には、年に一度は訪問しています。

七〜八割の方には喜んでくれますが、二〜三割ぐらいは追い出されます。

その時は、乱れに乱れた奥さんなのにと思いますが、致し方ないです。


←前のページ次のページ→

戻る




today:48 yesterday:120
- noa -