サクラ

(1/13ページ)


「ねぇ!!お花見、行こうよっ!!」

立海テニス部マネージャーである優花が、レギュラー陣たちにそう言った。

「そうだな。今が見頃だ。」

と、柳。

「俺、賛成っ!!行こうぜぃ♪」

と、丸井。

「俺も、賛成っス!!」

と、切原。

「うむ。いいだろう。」

レギュラー陣たちは、みんな賛成し真田の許可しレギュラー陣たちと優花は、お花見に行く事になった。




お花見当日―

レギュラー陣たちと優花は、お花見スポットに来た。

「わぁ!!キレイ!!あっあそこにしよっ!!」

優花は、先頭を切って空いている場所へと向かった。

そして、シートを敷きひとまず腰を下ろし、落ち着く。

「キレイだね……。」

優花は、そう呟いた。


前のページ次のページ

戻る





1010 1361

- noa -