二人の天才

(1/11ページ)


「あっあの……」

「何や?」

「手……離してください……」

優花は、今まさに大ピンチを迎えていた。

彼氏のテニスの試合に応援に来たのに、ある男に捕まってしまっていた。

「離してください……周助の試合始まっちゃう……」

「いい加減、俺のとこに来ぃや。」

その男、忍足侑士。
氷帝の天才。

忍足は、以前から優花に目を付け口説いていた。
だが、優花はすでに青学の天才、不二周助と付き合っていたため、断り続けていたが忍足は、それでも口説き続けていた。

「不二には、満足させてもろうてるん?」

「ひゃっ///!!やめてっ///!!」

忍足は、優花の耳元で囁き脚を撫でる。

「やめてっ……///!!」

「その顔、たまらんわ。」

チュクチュ……

忍足は、優花にキスし舌を絡める。

「んっんんっ!!」

クチュ……

「んっんんーっ///!!」

忍足の手が、優花のスカートの中へと侵入し、下着の中へ入り秘部に触れる。


前のページ次のページ

戻る





996 1361

- noa -