「え……ちょっと、なんであんただけなの?」

休日、学校の離れにある第2体育倉庫に入った途端私は不満げな声をあげました。私たちのクラスで普段使われていない第2体育倉庫を整頓することになったのですが、そこにいたのは富永という男一人でした。

「みんな、さぼったんだろ? いいじゃん、二人でやれば」

不機嫌な私と裏腹に富永は上機嫌で返事をしました。
それが、私をさらに不機嫌にしました。しかし、真面目な質なので、不服ながらも整頓を始めます。

時折、富永がなにやら話しかけてきますが、私は無視して、無言で片付けを続けます。

「なぁ、佐原。無視かよ?」

富永は不機嫌そうに言いますが、やはり無視。
体育倉庫はかなり埃っぽくて、体操服できて正解でした。

「なぁ、無視は酷いよな?」

そう言いながら、富永は私の後ろから抱きついてきました。

「……っ」

唐突なことでした。何もことばになりません。

「なんか、いえよ……ほら、声聞かせて?」

そういうと、富永は私の耳を舐めました。

「ひゃ……っ」

生暖かいぬるりとした感覚に悲鳴をあげます。

「やっと反応してくれた。俺、佐原の声好きなんだよ」



[ 1/1 ]

[*prev] [next#]
[mokuji]
[しおりを挟む]



- noa -

Warning: mysql_close(): 4 is not a valid MySQL-Link resource in /home/kir272131/public_html/noa-hp.site/config.php on line 977