(あれ……私、眠ってた……?)

「やぁ、美幸。やっと起きた? 君、感じすぎて寝ちゃってたんだよ?」

「い、いやぁ!」

美幸は先ほどまでのことを思い出して悲鳴をあげた。気づけば身に付けていた服はなにもない。見ず知らずの男に裸を晒していた。

「さぁ、続きをしよう?」

ブンブンと横に首を振るが男は構わず美幸の体にキスを落とした。

「ぁ……んんっ……」

まるで、恋人が行うような優しい愛撫に、美幸はぴくりと震えながら声を漏らしてしまった。

(何で、こんな、優しくするの……!)

「ンンッッ!」




- 5 -

*前次#


ページ:



- noa -