(ん……そんなに、したら、声我慢出来ないよぉ……)

痴漢は耳朶を甘噛みし、時には首筋を舐める。勿論その間も胸への愛撫をやめない。

先ほどまでの焦れったい愛撫が嘘のように、乳首を指で弾かれる。
甘い痺れに耐えきれず、ピクピクと身体が震えている。


「……はぁ、はぁ、可愛いよぉ、君」
「やめ…て……っ」

#美幸#嫌々と首を振る。これ以上はおかしくなりそうだった。

「こっちの胸の方がかんじるんだね?」

痴漢は良いながら、片方の乳首を重点的に刺激し始める。もう片方の手は再び腹部へと下がっていた。優しく撫でてみたり、表面に爪を立てて擦ってみたり、#美幸#の感じる方法を確かめるような愛撫だ。

「あと、こうされるのが好きみたいだね……?」

男はそういうと感じてしまう乳首をキュッとつねる。

「……んーーっ!」

再び軽い絶頂が訪れる。

「はぁ……っ、はぁっ……」

(胸だけで、こんなに感じたのはじめて……)

もう触らなくてもわかるほどに、秘部は汚れていた。

「ふふ、また痴漢に逝かされたね? エッチな子だ」

腹部を触れていた男の手は内腿に触れていた。触れるか触れないかのタッチ。

ドキドキと身体が疼くのを覚えた。

(やだ、やだ、これ以上、触っちゃ駄目……っ)



- 5 -

*前次#


ページ:



- noa -