男の指が下着の中へと入ってくる。焦らすように秘部を撫でまわし、辿り着いた割れ目から、クリトリスを撫で上げる。

「ぬるぬるじゃない」

痴漢はまた笑う。

痴漢は愛液で滑った指でクリトリスを直接撫でた。

「んんーーっ」

其だけで、身体を仰け反らせる会館。

クリを撫でる速度が徐々に上がってきた。

(いく、いく、いく……)

やっとだ、そう思ったとき、再び刺激が止まる。指は優しく添えられていた。

「なんで……」

今度は超えに出してしまった。

「逝かせてあげるなんていった?」

男は意地悪にそう言った。

(やだよ、いきたいいきたい……っ)

「ねぇ、ねぇ」

男の指が再び動く。
何かが昇ってくる。


- 8 -

*前次#


ページ:



- noa -